害獣であるハクビシン駆除は専門の会社へ|アフターフォローも万全

笑顔のメンズ

捕獲と追い出しによる対処

散布機

害獣駆除を行なう会社では、追い出しと捕獲の二つの方法でハクビシン駆除を行ないます。自宅から追い出す方法では、ハクビシンの嫌がる煙の噴霧や忌避剤を使用します。事前に足跡や抜け落ちた毛などから、どの位置に巣を作っているかを調べているので、巣を重点的に煙や忌避剤を噴射します。外の出入り口まで誘導するように噴霧し、安全に追い出してくれるのです。住み着いているのが一匹だけであれば、ハクビシン駆除の会社が行なう追い出し方法も効果的です。子供がいる場合、追い出したとしてもすぐに元の家に戻ってきてしまいますが、一匹だけが住み着いた状態ならば別の住処を探すようになるため、戻ってくる確率は低いものとなります。追い出した後は再侵入されないように、ハクビシン駆除の会社が侵入口を塞いでくれるので、駆除後は安心して住めるようになるでしょう。

ハクビシンが巣を作り、子供などが生まれている場合、ハクビシン駆除の会社は捕獲器を使って家から遠ざけます。鳥獣保護法によってハクビシンはみだりに捕獲や危害を加えることはできませんが、駆除会社は事前に自治体へと届け出を出しているため、問題なく捕獲することができるのです。ハクビシン駆除の会社では、出入り口や通り道を入念に調べあげ、ハクビシンが見つけやすい位置に捕獲器を設置します。ハクビシンが好むエサを捕獲器内部に設置することで、安全にハクビシンを捕まえることができるでしょう。子供が生まれている場合、ハクビシンは特に凶暴化しているため、無理やり捕まえようとすると暴れて家や住人に被害が現れるようになります。一定期間の間、複数の捕獲器を設置し続けることで、住み着いた全てのハクビシンが捕まえてくれるでしょう。